東京臨海リサイクルパワー(TRP)
微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会

地域環境委員会設置要綱(TRPサイト)
環境モニタリング

これまでの経緯

第9回(H27.1.27)
・微量 PCB 汚染絶縁油の処理状況
・環境関係モニタリング状況

第10回(H27.8.6)
・処理状況について
・環境モニタリング
第11回(H28.2.2)
・処理状況について
・環境モニタリング(計画変更)
第13回(H29.2.7)
・処理状況について
・環境モニタリング
 

東京臨海リサイクルパワー株式会社
地域環境委員会サイト)

東京臨海リサイクルパワー環境測定結果
◇(微量PCB汚染廃電気機器の焼却処理について
東京PCBトップへ戻る


委員会概要、資料等、TRPホームページより転載

 

 

第12回微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会
  • 日時:平成28年8月28日(木)15:45〜16:30
  • 場所:ホテルルートイン東京東陽町 芙蓉の間
【議事】
  1. 微量PCB汚染絶縁油の処理状況について
  2. 環境モニタリング状況について
  3. 安全対策について
  4. その他
【委員会概要】

 微量PCB汚染絶縁油の処理状況、環境モニタリング結果、安全対策の実施状況について報告・説明し、微量PCB汚染絶縁油が問題無く処理されている事を確認頂くとともに、災害未然防止の為の安全対策は今後も的確に実施し事業を進めて欲しい旨、ご意見を頂いた。

【配布資料】

資料1 議事次第【PDF】
資料2 地域環境委員会委員名簿【PDF】
資料3 第12回東京臨海リサイクルパワー株式会社による微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会説明資料【PDF】
資料4 第11回微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会議事要旨(前回分) 【PDF】

 

 



微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会の開催について (第 11 回)
     
日時:平成28年2月2日(火)15:50〜16:35   
場所:ホテルイースト21 牡丹の間 
【議事】     
1 微量PCB汚染絶縁油の処理状況について    
2 環境モニタリング状況について    
3 安全対策について    
4 その他 
【委員会概要】   
微量PCB汚染絶縁油の処理状況、環境モニタリング結果、安全対策の実施状況について報告・説明し、微量PCB汚染絶縁油が問題無く処理されている事を確 認頂くとともに、安全対策は今後もしっかり実施し事業を進めて欲しい旨、ご意見を頂いた。  また、協定改定案について、東京電力(株)の社名変更とモニタリング計画の一部変更を説明し、ご理解いただいた。

【配布資料】

資料1 議事次第【PDF】
資料2 地域環境委員会委員名簿【PDF】
資料3 第11回東京臨海リサイクルパワー株式会社による微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会説明資料【PDF】
資料4 第10回微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会議事要旨(前回分) 【PDF】


委員会を傍聴した〜

PCBの処理状況などは、特におおきな変化なし。
これまでの微量PCB汚染絶縁油の累計処理量は約30万トン(平成23年10月〜平成27年12月)
平成28年度の処理計画量は4,430トン(平成27年度は10,640トン) TRPの処理能力は年間約21,000トン
環境モニタリング状況も特に問題なし、そして、モニタリング計画の変更は、
○排ガス:PCB、ダイオキシン類
(現行)3箇月に1回以上⇒(要望)4箇月に1回以上
○大気 ( 敷地境界) : PCB、ダイオキシン類
( 現行)1年に 4回 ⇒ (要望)1年 に 3回
という測定回数の変更、委員からは、問題ないということで了承された。、

TRP では、微量PCB汚染絶縁油の 一般事業者分も受け入れているが、なにしろ絶縁油のみの受入なので、ほとんどが東京電力の処理分のみ。平成28年度の処理計画量が大幅に少なくなることに ついての具体的な理由などの説明はなかったが、、、(東電の)計画通りということであった。順調に処理が捗っているので、、、いいいのだろうが、、、 PCB濃度の違 いもあるので、(受け入れ基準は100mg/Kg)

現状では、環境モニタリングも問題なく推移しているので、回数が減るのはしかたがないとしても、、、
しかしである、、、特に、大気 ( 敷地境界)ダイオキシン類測定については、、、ほんとうにいろいろ思うところが多い〜
(あまりに憤慨してしまって大暴言を書き連ねかねないので、、、しばし冷却期間をおいて書いている。)

委員長は、しきりと、大気の環境測定は、法的な義務ではなく、いわゆる「善意」で測定しているのだから、と、、そして、排ガス測定さえしっ かりしていれば、大気の測定はいらない。大気に影響することは「ありえない」 とも言われていたが、、、、 しかしである、TRPの場合は、、、そのありえないことが、ありえたのだから。モニタリング計画も協定しているので、すでに「善意」で はなく、「義務」である。TRPは、これまでの測定のおかげで、いろんな設備の改善が実行されたのである。事業者にとっては、なにもしなければ、設備改善 費用も多額の環境測定費用も必要なかったであろうが、、、、地域住民にとっては、結果的に、安全対策のためには重要な測定であったのだから。このことを けっして忘れないでほしいと切に願う。




 

第10回微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会
日 時  平成2 7 年 8 月 6 日( 木 )1 5 :3 0〜1 7 : 0 0
場 所  ホテル ルートイン 東京 東陽町 2 階 芙蓉 の間
3.議事
(1)微量 PCB 汚染絶縁油の処理状況について
(2)環境モニタリング状況について
(3)安全対策(教育・訓練、災害事例、設備不具合)
( 4 )その他

【配布資料】

資料1 議事次第【PDF】
資料2 地域環境委員会委員名簿【PDF】
資料3 第10回東京臨海リサイクルパワー株式会社による微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会説明資料【PDF】
資料4 第9回微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会議事要旨(前回分) 【PDF】


傍聴しました〜
地域環境委員会も10回目となった。また、TRP操業から10年目の節目でもあるようだ。
今 回は、10名の委員のうち、5名が入れ替わり。委員長は浦野浩平横浜国大名誉教授が続投。副委員長は、織朱實先生から竹内正雄(TMエネルギー環境技術研 究所代表)さんにかわった。この委員会は、いわゆる専門家枠は委員長と副委員長の2名のみ。あとは、地域の自治会から2名、江東区議会担当委員会の正副委 員長。そして、東京都と江東区の担当部署から各2名の構成。役所関係は人事異動があるし、議員も毎年の入れ替わりなので、、、

微量PCB汚染絶縁油の処理実績
平成23年度 3,631t/年
平成24年度 3,800t/年
平成25年度 3,433t/年
平成26年度 10,614t/年
平成27年度(計画) 10,640t/年
☆平成27年6月までの累計処理実績は24,060t

順調に確実に処理は進んでいるようだ、、、
一般事業者分も受入はしているのだが、、、なにしろ、絶縁油のみの受入なので、
処理量の99%は東京電力分の絶縁油の処理となっている。
一般の保管事業者からみれば、せっかく、都内に微量PCBの処理施設があれど、、、絶縁油のみではどうしようもない。
絶縁油のみ抜き出しても、その筐体の処理ができなければ、PCB廃棄物の処理完了にならないのだから。

微量PCB絡みでの事故やトラブルはないのだが、、、
産廃施設(ガス化溶融炉)なので、どうしてもいろんな事故やトラブルは起きている
当日の資料などはHP上ですぐに公開される

浦野委員長、新しい委員が多かったこともあり、微量 PCBの処理施設ということにあまり恐れをなすなというような話しもされた。PCBは処理工程で完全に分解されるし、絶縁油受入タンクの中のPCB濃度 は、大気中のPCB濃度よりも低い程度とか。もちろん、絶縁油であること、流出や火災の危険性はあるので、想定外のことも必ず起こりえることを前提に、対 策や対応、訓練などの必要性も話された。−−−しかし、この委員会の委員8名は、そのままそっくり、JESCOの「東京ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理事業 環境安全委員会」のメンバーでもあるので、、、高濃度PCB処理と、微量PCB処理との違いをきちんと理解してもらえるといいのだが、、、と心配になって しまった。また、最近、化学プラントや廃棄物処理施設などでも、大規模火災や爆発事故のニュースも多く、ほんとうに緊張感を持って事業を行ってほしいと思 う。物事、順調に過ぎているときこそ、ついうっかりのミスが大きな事故につながるので、、、、

TRPの地域委員会、問題が起きていないときは、委員からの質問もあまりでないので、、、
いつも予定時間よりもかなり早く終了する。まあ、いいことなんだろう〜

これまでは、東京電力からは、環境部からの参加(司会進行など)だったが、
今回から、フュエル&パワー・カンパニー環境担当部署から参加、分社化ですべてカタカナ表記
(環境保全協定は、東京電力、TRP、東京都、江東区の4者協定だったと記憶するが〜)

東京電力 2015年4月28日
●ホールディングカンパニー制移行に向けた社内組織の改編について
1.「フュエル&パワー・カンパニー」(分社化後の燃料・火力発電事業会社)
2.「パワーグリッド・カンパニー」(分社化後の一般送配電事業会社)
3.「カスタマーサービス・カンパニー」(分社化後の小売電気事業会社)
4.「コーポレート」(分社化後の持株会社)


 

第9回微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会
  • 日時:平成27年1月27日(火)15:30〜16:10
  • 場所:ホテルイースト21東京 3階 永代の間
【議事】
  1. 微量PCB汚染絶縁油の処理状況について
  2. 環境モニタリング状況について
  3. 安全対策について
  4. その他
【委員会概要】

 微量PCB汚染絶縁油の処理状況、環境モニタリング状況、安全対策、その他について説明し、微量PCB汚染絶縁油が問題無く処理されている事を報告した。
処理継続にあたって今後も作業安全についてレベルアップを図るよう意見を頂いた。

【配布資料】

資料1 議事次第【PDF】
資料2 地域環境委員会委員名簿【PDF】
資料3 第9回東京臨海リサイクルパワー株式会社による微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会説明資料【PDF】
資料4 第8回議事要旨【PDF】

 

 


 

第8回微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会
  • 日時:平成26年7月30日(水)10:30〜11:30
  • 場所:ホテルイースト21東京 3階 永代の間
【議事】
  1. 微量PCB汚染絶縁油の処理状況について
  2. 環境モニタリング状況について
  3. 安全対策について
  4. その他
【委員会概要】

 微量PCB汚染絶縁油の処理状況、環境モニタリング状況、社内教育、安全対策について説明し、微量PCB汚染絶縁油が問題無く処理されている事を報告した。
 処理継続にあたっての安全対策や管理状況について意見が出された。

【配布資料】

資料1 議事次第【PDF】
資料2 地域環境委員会委員名簿【PDF】
資料3 第8回東京臨海リサイクルパワー株式会社による微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会説明資料【PDF】
資料4 第7回議事要旨【PDF】



■微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会(第7回)

  • 日時:平成26年2月4日(火)15:00〜16:15
  • 場所:ホテルイースト21東京 3階 牡丹の間
【議事】
  1. 微量PCB汚染絶縁油の処理状況
  2. 環境関係モニタリング状況
  3. 安全対策(教育・訓練、災害事例、設備不具合)
  4. その他(災害廃棄物処理状況、不適合フォロー状況)

【委員会概要】

 微量PCB汚染絶縁油の処理状況および次年度の処理計画について報告した。
 環境モニタリングについては、各測定項目において基準値を十分に下回っており、微量PCB汚染絶縁油の処理が的確に行われていることを報告した。
 安全対策については、社内研修、緊急事態を想定した対応訓練の実施状況および今年度はゼロ災害が継続していること、設備不具合の発生状況、原因と対策について報告した。
 一般事業者分の微量PCB汚染絶縁油処理の促進および設備不具合による焼却炉停止回数低減について意見が出された。

【配布資料】

資料1 議事次第【PDF】
資料2 地域環境委員会委員名簿【PDF】
資料3 第7回東京臨海リサイクルパワー株式会社による微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会説明資料【PDF】
資料4 第6回議事要旨【PDF】


微量PCBは特に問題なく処理されているようだ〜
しかし、東電分は、原発事故以降の財政難からの処理量低迷、
一般分に関しては、微々たる量で、いっこうに捗らず、、、
委員長、関東地域、筐体処理ができないため絶縁油のみ処理のTRPに入ってこないと、待ちの体制で静観するのではなく、東京都も、環境省に働きかけるな ど、都独自の処理促進策を講じるようにと、かなり具体的に細かく、かつ、手厳しく、要望かねた意見を述べる。地域の委員からも、同様の意見。法期限が延長 されたからといえ、処理がいつまでも進まないのでは困るのだ。そして、織先生の、いつものピリ辛、辛辣意見、的を射ていて小気味いい。どちらにしても、 PCBの安全な一日も速い処理促進を願ってのご意見。ほんとうに、この、微量PCBの処理、その機器が、微量PCBを含んでいるかどうかの全容すら把握で きていない状態で、一体どうなることか。微量PCB焼却処理体制ができるまでの専門委員会で、とにもかくにも「低廉、迅速」が前面に出ていたが、その時 は、なんだか吉野家のようで嫌だったが、今になってよ〜〜く理解できる。
資料はTRPホームページで公開される、とりあえず〜

東京都受入の災害廃棄物受入処理実績
(平成23年11月〜平成25年12月末)
宮城県分:61,839トン(都内区市町村受入 女川分:31,428トン含む)
岩手県分:104,928トン
合計:166,767トン

そのうち、民間事業者受入量:135,339t
破砕分別後の可燃性廃棄物(TRPで焼却分):75,320t
可燃分は約56%


第6回微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会

  • 日時:平成25年7月23日(火)15:00〜16:15
  • 場所:ホテルイースト21東京 3階 永代の間
【議事】
  1. 微量PCB汚染絶縁油の処理状況
  2. 環境関係モニタリング状況
  3. 安全対策(教育・訓練、災害事例、設備不具合)
  4. その他(不適合フォロー状況、災害廃棄物処理状況)
【委員会概要】

 微量PCB汚染絶縁油の処理は、漏洩等のトラブルもなく、順調に処理していることを報告した。
 環境モニタリングについては、各測定項目において基準値を下回っており、微量PCB汚染絶縁油の処理が的確に行われていることを報告した。
 安全対策については、社内研修、緊急事態を想定した対応訓練の実施状況および災害事例、設備不具合の発生状況、原因と対策について報告した。

【配布資料】

資料1 議事次第【PDF】
資料2 地域環境委員会委員名簿【PDF】
資料3 第6回東京臨海リサイクルパワー株式会社による微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会説明資料【PDF】
資料4 第5回議事要旨【PDF】

 


第5回 微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会
1.日 時  平成25年2月8日(金)15:00〜17:00
2.場 所  ホテルルートイン東京東陽町 2階 銀河の間
3.議 事
 (1)微量 PCB 汚染絶縁油の処理状況・H25 処理計画
 (2)環境関係モニタリング状況
 (3)環境保全対策
 (4)安全対策
 (5)その他

【配付資料】
資料1 議事次第【PDF】
資料2 地域環境委員会委員名簿【PDF】
資料3 第5回東京臨海リサイクルパワー株式会社による微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会説明資料【PDF】
資料4 
第4回議事要旨【PDF】

傍聴しました〜
PCB処理に関しては漏洩等問題となるトラブルも無く、順調に処理
東電分の処理量が低下している中、一般事業者分は徐々に増加しているとか〜

平成25年度の処理計画
処理見込量:3,100トン(平成24年度見込量 3,400トン)
(処理能力は 21,000トン/年)
一般事業者からの搬入が増えても十分な余力あり

排ガス、排水、廃棄物、すべての項目で基準値を満足
敷地境界大気中ダイオキシン類測定結果も、すべて基準値以下になった。
やっとこれで一段落なのだろうか、だが油断大敵、、

災害事例等も、状況・原因・対策と、詳細に報告あり。
設備の不具合や故障による停止回数などの報告もあり。

資料はすぐに公表されると思うので、
詳細は資料参照〜
TRPのホームページがリニュアルしている。 



昨日の東京PCB環境安全委員会に引き続きの開催で、
なにしろ、事業者(事務局)が、JESCOからTRPに変わったものの、
委員会のメンバーは、委員長以外は、全くおなじメンバーなので、
連日の委員会でなんだか変な感じだった。
みなさん、高濃度PCB処理のやっかいな話しに比べると、
こちらは微量PCBということで、あまり質問もでずに、
それでも,今後の処理量、処理終了の見通しは不透明で、、

それにしても、高濃度PCB、微量PCB、と、
この先、うまく順調にいくのだろうか〜
高濃度も微量も、まだまだいろんな課題あり、

浦野先生のいわれるように、
微量PCBでさえ、まだまだいろんな意味で理解されていない、
もっともっと,公的機関や専門家から発信していかなければ、、と〜



東京都の災害廃棄物受入量(民間事業者分)
(平成25年1月末現在)
宮古市(混合廃棄物):18,011t
大槌町(混合廃棄物):15,169t
石巻市(廃畳)   : 7,051t
石巻市(混合廃棄物):15,045t
合計        :55,276t
そして、受入事業者が破砕・分別処理後、可燃性廃棄物をTRPに搬入
TRPこれまでの受入量:25,343t 可燃の割合は45.8%


第4回微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会

  • 日時:平成24年12月18日(火)15:00〜16:25
  • 場所:ホテルイースト21東京  3階 牡丹の間
  • 議事

    (1)排水測定データの基準値超過に関する報告について

   【委員会概要】

      排水測定データにおけるダイオキシン類濃度の基準値超過について報告し、超過

     判明の経緯と超過時の状況、再発防止対策等について説明した。

      これまでの環境測定に関する管理の甘さなど、廃棄物処理施設の維持管理に伴う

     法令の遵守体制が不十分であったことを反省し、再発防止対策を実践していくことを

     報告した。

   ■廃棄物処理法に基づく立入検査結果について


12月18日(火)に臨時の地域環境委員会が開催されたそうだ。
全く予期せぬ時期であったし、TRPのホームページのチェックはしているつもりでいたが、全く気がつかず、傍聴することができなかった。
残念極まりない。委員会資料(上記)は翌日には公開された。

本日、12月20日(木)に、江東区議会 清掃港湾・臨海部対策特別委員会が開催され、「東京臨海リサイクルパワー株式会社の排水中ダオキシン類基準値超過について」 が議題になっていたので、そちらを傍聴した。

排水中のダイオキシン類の基準値超過は
なんと平成24年9月10日に廃棄物処理法に基づき実施された環境省立入検査において、平成23年8月9日測定の排水中ダイオキシン類濃度が維持管理基準値を超過しているとの指摘を受けたものという。国からは口頭注意、東京都から「指示書」が出され、TRPは、改善報告書を提出した。

清掃港湾・臨海部対策特別委員会では、東京都がそれらの経緯や東京都の対応を報告した。
TRP地域環境委員会の資料では、報告を怠った理由や、問題点、再発防止対策が具体的に書かれている。

なんというか、なんともいいようもないというか、ついつい唸ってしまうしかないのだが〜
また、TRPであれば、さもありなんと思えたことも怖いのではあるが、 真っ先に感じたのは
、東京都は何をしていたのだ〜〜〜ということ。 あんなに,ダイオキシン類でいろんな対策、対策をしていて、それゆえのものであるのに、いろんな理由があるにせよ、結果的に出口対策を見過ごしたことになる。環境省はそれをみつけた。もちろん基準値超過を,東京都や江東区、地域環境委員会に報告しなかったTRPのあり方がいちばんの問題なのは当然ではあるが。しかし、微量PCB無害化処理実証試験以降、さまざまな問題の続出、そしてそれらに対する改善策を、真摯に、着実に実施し、やっとこれで順調にいくのだろうと思っていた矢先で、正直なんとも残念におもったのも事実である。

それにしても、信頼関係というものは何で成り立つのであろうか。信頼関係を損なうのは簡単だが、そもそも信頼関係を築く前に、基本的な決めごと、条件整備ができていないことには、東京都や江東区の監視も、地域委員会も、ただの馴れ合いや形式的なものになってしまう。そもそもなによりも、廃棄物処理施設、PCB無害化処理施設の操業にあたっては、法令遵守は必要最低減求められることである。今回は、組織的な隠蔽や改ざんなどは行われた様子はないが、そこのところの危機管理の甘さがなによりも怖い。もちろん、それでも、施設のトラブルや事故は起こるものだろう、それらの速やかな報告がなされなければ、独自判断でことをうやむやにしてしまえば、裸のおおさまというか、井の中の蛙か、あとで発覚すればそれだけダメージは大きくなる。

TRPの施設建設時の環境アセスメントを思い出す、もう10年も前になってしまった、
当時は、東京電力の原発事故隠し、隠蔽・改ざん問題の真っ只中であった。
それを引き合いにだして、さまざまな不信や不安を述べても、東京電力側は「情報の公開はしっかりと約束する」と答えるばかりだった。

今後は、維持管理状況に関しても、計画に基づいて公表していくとなっているし、改善策を実行して、危機管理体制を万善にしてもらうしかないのかもしれないが、あまりにもお粗末な顛末で、それでも雨降って地固まるとなることを願うしかない。(2012/12/20)

 


3回微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会

  • 日時:平成24年7月31日(火)14:55〜16:45
  • 場所:ホテルルートイン東京東陽町  2階芙蓉の間
  • 議事

    (1)微量PCB汚染絶縁油の処理状況について

    (2)環境モニタリング状況について

    (3)環境保全対策について

    (4)安全対策について

    (5)その他

   【委員会概要】

    ・微量PCB汚染絶縁油の処理状況について、受入量の減少により処理量は減っている

     ものの、処理に関しては漏洩等問題となるトラブルもなく、順調に処理していることを

     報告。

    ・環境モニタリングについては、各測定項目において基準値を下回っており、測定頻度

     を増やしていた大気中敷地境界におけるダイオキシン類測定については、今後、協

     定で定められた頻度とすることについて了承された。

傍聴しました。
PCB処理に関しては漏えい等問題になるトラブルもなく、順調に処理しているようだ。但し、最大処理能力(約2,100トン)に対して、余裕のある処理 量。東電分、予算の関係で平成14年度以降は受入量が減少とか〜(原発事故で「実質国有化=1兆円資本注入」、PCB処理も後回しか、)
一般事業者からの受入は徐々に増加傾向。1月〜6月で7社受入。TRPの場合は、絶縁油のみの受入なので、筐体処理がデキズで、事業者は苦慮しているようだ。

環境モニタリングも、基準値満足。
環境対策もうまくいっているのか、大気中ダイオキシン類測定も、今後は、協定の頻度(4回/年 24時間測定)に戻すとのこと。どの委員からも異論なく了承された。設備の不具合や、災害事例の報告もあり

その他で、東京都の岩手・宮城の災害廃棄物の民間事業者受入分受け入れ分、その焼却分についての報告もあり。


第2回微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会

  • 日時:平成24年1月31日(水)15:00〜17:00
  • 場所:ホテルルートイン東京 東陽町  2階芙蓉の間
  • 議事

    (1)微量PCB汚染絶縁油の処理状況について

    (2)平成24年度の処理計画について

    (3)環境モニタリング状況について

    (4)環境保全対策について

    (5)その他 震災廃棄物処理 他

傍聴しました。(特に気になったことのみ)
微量PCBの焼却処理は順調に進んでいるようだ。平成23年10月〜12月までに1,595トンの処理。JESCO東京事業所でおこなっている低濃度(柱 上トランス)の化学分解処理の1年分に相当する量を3ヶ月で処理したことになるそうだ。それが焼却処理の威力ではあるが〜 

流動床ガス化溶融炉、ごみ処理プラントといえども、しょせんは機械である。受け入れ不適物が入れば装置がつまるトラブルになる。トラブル発生時は一時的に PCB処理(吹込)を中断するようになっているそうだ。安定処理のために、産業廃棄物受け入れ時の展開検査(内容物確認)を全量検査を目標に強化するとか。(すばらしい、これ23区の清掃工場でもこれくらいのこと言ってほしいけど)

TRPの処理受付窓口への問い合わせ状況の内容から、一般事業者保管の微量PCB処理の問題点や課題もいろいろ浮き彫りになっている。この先、すべてのPCB廃棄物(微量も含めて)の処理がどのようになっていくのか〜

環境モニタリング報告は
排ガス、排水、溶融飛灰、溶融スラグともにすべて基準値を下回っている。
周辺大気(TRP敷地境界)ではPCBは全測定で基準値を下回る。ダイオキシン類は10月測定で年平均では基準値を下回るが、日単位ではまたまた超過あ り。11月の再測定ではすべて基準値を下回った。12月測定分はいま分析中。今回の測定方法は、24時間測定を1週間の測定期間内に7回実施している。そ うすることで、これまでの対策の効果や、新しい問題の原因を突き止めることができたようであるが。それにしても、次々といろんな問題が出てくるので、がっ かりも通り過ぎて、なんだかどっと疲れてしまった。それでも問題点をみつけては改善していくしかないのだろうが。(資料は後日公開)

岩手県宮古市の災害廃棄物受け入れ事業について
TRPは、産業廃棄物処理事業者(破砕、選別、中間処理業者)との契約で、焼却処理を実施している。先行事業分の処理はすべて問題なく終了したとの報告もあり。

とりあえず〜


第1回PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会

  • 日時:平成23年7月14日(木)15:00〜17:00
  • 場所:ホテルルートイン東京 東陽町  2階芙蓉の間
  • 議事

    (1)環境保全協定と地域環境委員会について

    (2)微量PCB汚染絶縁油処理に係る事業計画について

    (3)安全対策について

    (4)微量PCB汚染絶縁油焼却実証試験とモニタリングの結果について

    (5)今後の処理計画について

   【議事概要】

     ・焼却実証試験以降のモニタリング結果及び、微量PCB廃棄物処理事業についての

      説明を実施。

    ・8月から調整運転を実施し、9月以降に一般事業者の受入を開始することについて

      ご了解をいただいた。

よかった。TRPで委員会の資料を公表↑↑
詳細は:TRPの資料3
微量PCB廃棄物処理事業に係る地域環境委員会を〜


6月に微量PCBの無害化処理(焼却)大臣認定を受け、江東区、東京都、TRP、東京電力と4者で環境保全協定の締結、今日は、今後の本格的な処理に先立ち、第1回の「地域環境委員会」が開催された。傍聴してきた〜

ところが、TRPの地域環境委員10名のうち、9名までがJESCOのPCB(高濃度)東京事業の環境安全委員会と同メンバーなのである。委員長の浦野紘 平先生(横浜国大大学院環境情報研究院特任教授)だけが新メンバーというところ。JESCOの専門委員は5名もいるのだが、そのうちの織朱實先生(関東学 院大学法学部教授)がTRPの地域環境委員も〜 処理対象が微量PCBということもあるせいか、JESCOの安全委員会のような緊迫感はなかったな、、 (織先生曰く、オンザロックと水の中にお酒を数滴たらした程の違いとか?!)

だが、しかしである、PCBの焼却処理に関しては問題はなさそうにも思えるが、通常のガス化溶融による産業廃棄物処理、感染性医療廃棄物の焼却処理とい う、施設全体の安全管理、安全運転をしてもらわねば、PCB処理の安全(分解)性だけを強調されてもちょっとうなずけないところもあった。昨年の、微量 PCB焼却実証試験時の、敷地境界の大気中ダイオキシン類の高濃度(1.8pg-TEQ/m3 )、いろいろな対策を講じて改善かと思っていたら、今年、4月、5月も高濃度が測定されていた。非常に残念。さらに考えられる万全の体制で対策を講じるそ うだが。(平均すると環境基準0.6pg-TEQ/m3 を下回る)

委員長の浦野先生、環境省の「微量PCB混入廃重電機器の処理に関する専門委員会」で、今回の微量PCBを焼却で処理する方向性を決められた当事者でもあ る。あの専門委員会をいつも傍聴して感じていたことは、とにかく、「安く」「早く」を強調して、まるでなにかのように〜と思っていた。(言葉は「廉価」 「迅速」な処理ということであったが。)それも十分にうなずける。今回の3.11地震でも、PCBを含むコンデンサーやトランス類が、100台以上も流失 していたというのだから。最初の挨拶で、東京電力の景山部長さん、このPCBの処理、長年の悲願であり感無量というようなことを言われていたが、本当に大 量のPCB廃棄物を保管し続けている事業者からすればまったくそうなのであろう。いろんな意味での社会的な事業が、とんでもないことで支障をきたすことな く、安全に確実に進められることを願ってはいる。




東京PCBトップへ戻る